賃貸専門の不動産業について

2012-03-24 15:08:01 作者:不動産 来源:不動産業界 浏览次数:0 网友评论 0

賃貸専門の不動産業について - Yahoo!知恵袋
賃貸専門の不動産業について31歳で転職活動中のものです。賃貸専門の不動産業への転職を視野に入れております。そこで質問です。不動産業の離職率は一般的に高いといわれていますが、どのような理由で高いのでしょうか?不動産業経験者・現職不動産業者様宜しくお願いいたします。|||不動産業界で離職率が高いのは、①中小規模の売買仲介会社 ②投資用マンション販売会社③デベロッパー(土地・中古マンション等の仕入れ営業)いずれもノルマが厳しく一定期間契約できないと、辞めざるを得ない状況に追い込まれるからです。更に①②は電話営業や飛び込み営業をしなければならない場合があり、けんもほろろに断られたり、怒鳴られたりする事が多いので精神的に疲れてしまいます。③は慣れない方は、不動産会社等から100件情報を入手しても、実際に仕入れできるのは1件あるかないかという状況で、こちらも精神的に疲れてしまいます。賃貸専門の不動産会社に転職希望との事ですが、そんなに離職率は高くはありませんので、安心できるのではないかと思います。ただ余計なお世話かも知れませんが、20代ならともかく30代での転職でしたら賃貸ではなく売買の会社の方がお勧めです。賃貸は業務範囲が狭く限定されているので仕事は早く覚えられると思いますが、その反面単純で同じ事の繰り返しになりますので、飽き易いという事が言えると思います。一方売買は業務範囲が広いので覚えるまで時間がかかりますが、幅広い知識を身に付けることができますし、本当の営業力を身に付けることができます。長く勤めるとしたらこちらをお勧めします。|||賃貸専門の離職率が高いと考えられるならば・・それは給料が安い事が挙げられます。(賃貸営業なんて有ってないみたいなものですから・・手当は安い)売買専門業者の場合、当然に営業ノルマがあるので・・それが離職率の高騰化につながってる売買業者は売上ないと会社として成立しない訳だから・・その分営業手当は多い (勿論実績主義ですから結果残せないと当然手当削られる)結果残せないと自分の居場所もなくなってしまいます。それが主な理由ではないかと思います。ただし 売買部門の場合は 最低限宅建持ってないと・・一人前として扱って貰えない 賃貸部門の場合は 一店舗あたりの従業員の数を概ね5人位に抑えているので、管理職の人が持ってれば大丈夫だと思いますよ。

[エラー報告] [オススメ] [お気に入り] [印刷] [クローズ] [トップへ戻る]

  • 验证码:

最新图片文章

最新文章